わき脱毛に伴う痛み!我慢出来ないときは正直に言おう

香り

定番のわき脱毛ですが、エステサロンやクリニックに出かけて処理をする人も増えてきています。値段も安価にできる場所も多いですし、やってみたいと興味がある人もいることでしょう。

そんな中で気になっているのは、やはりわき脱毛の施術を行った時の痛みです。エステサロンであれば痛くない脱毛を行うというような宣伝もしている所もありますし、実際に施術を受けても思ったより痛くないと感じることが多いです。出力はクリニックの医療レーザーよりは低いためそう感じるのでしょう。もしも痛みに弱いのであれば、サロンでの脱毛にチャレンジする方がいいでしょう。

そして、もう一つのクリニックでの医療レーザーでのわき脱毛ですが、これもかなり人それぞれの反応が見られます。よくゴムで弾かれたような痛みと表現されます。レーザーは黒いメラニン色素に反応しますので、毛根にもよく効くのですが、剛毛の人の場合はかなりの痛みを感じる場合があります。少しずつ回数を重ねて毛量が減ってくると傷みも和らいできます。

サロンでもクリニックでも、初めにもし痛みを感じるようであればちゃんと言うようにと指示があります。我慢ができる範囲であればいいのですが、そうでなければ素直に申告をしましょう。痛すぎて施術が出来なくなってしまうというのは本末転倒だからです。あまりに痛いようであれば、例えば施術時の機器の照射レベルを下げるような対応をしてくれる場合もありますし、場合によっては麻酔の利用をしてくれる所もあります。クリニックだと麻酔を別途利用可能な場合もありますので、痛かったら相談をしてみて下さい。

他の脱毛法としてはニードル脱毛がありますが、これはレーザーやサロンの脱毛よりもかなり痛いので、あまり進んで行う人はいなくなっています。いろんなタイプのわき脱毛の施術がありますので、無料カウンセリングも利用しながら、自分に合った脱毛が出来るサロンで綺麗なわきを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加